経済

バイエルン州はEU圏だけでなく、世界中の投資家や企業から注目される製品やサービスを多数供給しています。バイエルン州経済の半分が輸出によるものです。アメリカ、中国、オーストリアが主要な貿易相手国であり、バイエルン州からの主な輸出品は、自動車、化学製品、電気・電子製品、機械などです。

主要データ

2017年におけるEU全体のGDPは15兆3千億ユーロであり、その内5.944億ユーロのGDPがバイエルン州のよるものです。これはEU圏内では第7位です。2017年のドイツ国内平均失業率は5.7%でしたが、バイエルン州では3.2%で、ドイツ国内で最も低い失業率となりました。

より詳細な経済データについては、バイエルン経済に関するパンフレットにてご覧いただけます。 PDF (1.71 MB)

バイエルン州のグローバル企業

DAX上場企業の約25%がバイエルン州に本社を構えています。また、世界のリーディングカンパニーの20%以上がバイエルン州で設立されました。バイエルン州出身のアディダス、BMW、エアバス、MAN、アウディ、シーメンスといったグローバル企業が世界で活躍しています。

バイエルン州の中小企業

ミッテルシュタントと呼ばれる優良な中小企業はバイエルン州経済の基盤であり、豊かな暮らしと将来の雇用を保障しています。これには商業、手工業、サービス業、フリーランスを営む中小企業も含まれます。バイエルン州全土にある約60万社、360万人の正社員を抱えるミッテルシュタントは経済の原動力であり、要です。これに加え、ミッテルシュタントは約19万人の二元制職業訓練の場としても、ひとつの成功モデルを作っています。輸出大国ドイツの礎となっているだけでなく、ドイツ独自の職業訓練制度も海外への輸出品のひとつとなっています。

都市部だけでなく、地方にある中小企業も工業、商業、手工業、観光業、サービス業あるいはフリーランスなど様々な業種で成功しています。革新的技術を有するサプライヤー、委託先、パートナーなど、どんな投資家にも幅広い選択肢が用意されています。

バイエルン州のクラスター政策

バイエルン州政府は「クラスター・オフェンシブ」というクラスター政策により、ハイテク産業と州の伝統的な産業17分野のクラスター活動を州全土で促進しています。これにより中小企業間および研究機関を有する企業との連携が強化されています。これまでは研究とは無縁だった企業も専門家の支援を得られるようになり、クラスターのパートナーと共同で製品開発、工程の最適化、市場への進出といったことが実現できるようになりました。