ビジネスチャンス

2018年にはドイツの製品204億4600万ユーロ(+4.6%)相当が日本へ輸出され、その約五分の一はバイエルン州からの輸出でした。ドイツ製品は日本でも高い評価を得ています。日本の人口、約1億2700万人は高い購買力があることから、とても魅力的な単一市場であると言えます。最近では「第三市場取引」と呼ばれる事業形態が重要視されています。例えば、日本が多額の投資をしている海外市場にドイツと日本の企業が共同で事業展開をします。在日ドイツ商工会議所の調査によると、在日ドイツ企業の60%以上がASEAN、中近東、南米、アフリカで日本との共同事業を行っています。

急速に進むグローバル化やデジタル化の時代に海外パートナー企業との連携は日本にとって更なる重要性を持つでしょう。研究分野ではナノテクノロジーや材料科学の分野で日本は特に優れています。

日本は第四次産業革命と社会のデジタル化がもたらした継続的な高い生産ノウハウにより、ICTを活用した革新的なソリューションとサービスを推進しています。

エネルギー

2011年に起きた東日本大震災による地震、津波、福島第一原子力発事故でエネルギー供給とエネルギー供給技術分野での需要が高まりました。この分野でドイツは日本にとって良いお手本だと言えるでしょう。エネルギー市場の規制緩和により、ドイツのサプライヤーにもビジネスチャンスがあります。

医療保健サービス、介護サービス、医療技術

高齢化が進むのと比例し、医療保健サービス、介護サービス、医療技術の需要が増えています。日本は現在、医療機器の最大の輸入国の一つですが、共同開発の機会もあります。