経済関係

バイエルン州と日本は有力で信頼できるビジネスパートナーです。限られた国土、ドイツからの距離にもかかわらず、日本がドイツとの貿易額で抜きんでていることは、それを証明しています。

2018年にはバイエルン州と日本の貿易額は72億3100万ユーロ、バイエルン州にとって第15位の貿易相手国となりました。中国に次いでアジア圏で最も重要な二国間貿易国です。増加する第三市場取引での貿易関係が、今後はさらに重要となるでしょう。ドイツと日本は国際的な立場が似ていることもあり、日本はバイエルン州の重要な輸出先となっています。2018年には37億4600万ユーロ相当(前年度比+0,1%)の製品がバイエルン州から日本に輸出されました。同年のドイツとの貿易額は204億ユーロを上回り、日本はドイツの貿易相手国第19位となりました。 

現在100社の以上のバイエルン企業が日本で子会社、駐在員事務所や生産拠点を持っています。その中にはアディダス、アリアンツ、アウディ、BMWやシーメンスなどの大手企業に加え、機械、電気、化学、自動車などの中小企業も含まれます。

バイエルン州駐日代表部は、在日ドイツ商工会議所や現地のローカルネットワークと協力し、バイエルン企業の日本市場参入を支援します。